2012年03月05日

花粉症の予防策には・・・







花粉症の予防策は、誰にでもできる簡単なことです。

花粉症は、花粉症を発症してしまってから花粉の飛散時期に予防するのではなくて、花粉症にかかる前に予防することが一番大切で重要だと考えられます。

まず、花粉症にならないためには、アレルゲン(アレルゲンではないのに、類似したアレルギー反応を引き起こすものを仮性アレルゲンと呼ぶこともあります)を除去・回避し、花粉を体内にとりこまないようにしなくてはいけません。

すでに花粉症になっている方も症状がでないようにするためには必要な予防策ですので、日常的に花粉を吸い込まないようにマスクをしたり、手洗いやうがいをするなどを徹底すると良いでしょう。

また、花粉症を未然に防ぐ予防策として、バランスの良い食事をすることが大切です。

最近、花粉症に効果のあると注目されているトマトやレンコン、ヨーグルトなどをとりいれた食事を試してみたり、食事の栄養バランスなどを見直してみるのも花粉症の予防策になるでしょう。

さらに、生活習慣の改善も花粉症の予防には必要です。

不規則な生活で、寝不足の状態が長く続いていたり、疲れやストレスなどが溜まってしまうと、生活習慣の乱れにより花粉症を引き起こしてしまうこともあるようです。

花粉症の予防としては、普段からの生活習慣(規則正しい生活を送り、健康を害する恐れのある習慣は極力排除することが大切です)を見直してみることも必要でしょう。

疲れやストレスがたまってしまうと、副交感神経(優位に働くと、血管が広がって酸素や栄養素がスムーズに運ねれますし、老廃物の排出なども行われやすくなるでしょう)の働きが抑えられ、体内でヒスタミンが放出されやすい状態になると考えられています。

ですので、疲れやストレスをためない健康的な生活を送ることが花粉症の予防のためにも大切です。











<PR>
エレキギターの弦について! | 【ギター初心者の練習】短期間でエレキギターを上達させる秘密の方法!
糖尿病の治療方法には? | 糖尿病と合併症の怖い関係
posted by ゆいな9z3l at 22:00| 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

花粉症になる原因はこれ!







花粉症は、アトピー性皮膚炎(西洋医学ではステロイド剤を使うなどした対症療法が中心となっています)や喘息などと同じアレルギー疾患の1つだと言われています。

アレルギーとは、なんらかの原因で異物が身体に入り込んだ時、その異物を排除しようとする身体の防御反応が過剰に起こってしまう事です。

つまり、花粉症の場合、アレルギーを引き起こす原因となる物質であるアレルゲン(吸入性アレルゲン、刺咬性アレルゲン、食餌性アレルゲン、薬剤性アレルゲンなどに分けられています)が、「花粉」と言う事になるのです。

アレルゲンとなる花粉の種類は、現在国内でおよそ50種類以上、一説には約80種類もあると言われています。

代表的なものとしては、スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、シラカバ等が挙げられます。

この中でも、一般的に良く広く知られているのはスギ花粉で、スギ花粉は毎年2月から4月にかけて飛散します。

この時期にくしゃみや鼻水といった典型的な花粉症の症状が二週間程度続いたとしたら、アレルゲンはスギ花粉だと考えても良いでしょう。

また、スギ花粉と並んでアレルゲンとして良く知られている花粉が、ヒノキ花粉です。

ヒノキ花粉が飛散するのはスギ花粉よりも少し遅く、3月から5月にかけてです。

もし、スギ花粉のピークが過ぎても、花粉症の症状が治まらないという方は、スギ花粉と同時にヒノキ花粉にもアレルギー反応を起こしていると考えられるでしょう。

また、ブタクサやヨモギの花粉は、秋頃に多く飛散します。

花粉症はアレルギー疾患の1つですので、アレルゲンとなる花粉を身体に侵入させないようにする事が、花粉症予防には効果的と言えるのです。











<PR>
爪に良い食べ物、食事について! | 【ジェルネイルのやり方】 話題のジェルネイルをはじめよう!
股関節の稼動域を広げるストレッチは? | 【柔軟ストレッチ体操】簡単なストレッチ方法は!
posted by ゆいな9z3l at 21:00| 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

鍼灸は花粉症に効果ある







花粉症のようなアレルギー疾患(基本的には、早期発見・早期治療というのが大切になります)は、その前提として、体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)や体調の悪さが挙げられます。

具体的には、呼吸器系が弱く、アレルギーを抑制する副腎皮質ホルモンが低下していることです。

ツボを刺激し、自然治癒力を促進させたり、体質を改善することを基本としている鍼灸治療では、花粉症にも当然のことながら対応できます。

花粉症に対する鍼灸治療では、症状の有無や花粉の飛散に関係なく、一年を通じて行うことがポイント。

長期間の治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を続けることで、花粉症の体質を変えていくことができます。

花粉が飛散していないときは、体質改善を目的とした治療を行い、花粉が飛散して症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が出ているときは、症状を緩和するための治療を行います。

具体的には、鼻づまりや鼻水には、眉と眉の中間にある「印堂」といわれるツボや、小鼻の横にある「迎香」と呼ばれるツボに鍼灸治療を行います。

目のかゆみには、目の中心の下側の骨にある「承泣」に治療を施します。

ほかにも、「上星」「鼻通」「風府」「前谷」「百会」「天柱」「風池」などに、症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)に合わせて治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を施します。

治療後、すぐ症状が改善される人もいれば、翌日の人、数回の治療で効果が現れる人など、効果はそれぞれです。

しかし、まったく効果がなかったという人はほとんどなく、完治した人も少なからずおり、再発も少ないと言えます。

薬物療法のような副作用もないので、鍼灸(中国で生まれ、日本で独自の発展を遂げたといわれており、中国のものと日本のものは少なからず畭なります)治療は花粉症で悩む人にはオススメの治療と言えるでしょう。











<PR>
逆流食道炎の対策はこちら! 逆流食道炎の原因には?
胃がんは転移する確立が高い? | 胃がんは完治できる?胃がんの治療!
posted by ゆいな9z3l at 23:00| 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。